電話から始まった出会い

私が今の恋人ととの出会いのきっかけになったのは、埼玉県の出会い系サイトとおすすめスポットという記事に書いてあったとあるマッチングアプリです。このアプリは、匿名の人と電話がつながり、お話ができるというアプリで、暇なとき誰か知らない人と話してみようと思い利用していました。そんな暇つぶしをしているある日、今の恋人とたまたま電話がつながり、他愛のない話に花を咲かせました。

この時点ではまだ付き合おうという意思はなかったのですが、個人的にどんな人なのかもっと知りたいと思い、思い切って連絡先を聞いてみました。最初は渋っていましたが、話を続けるうちにその気になってくれたらしく、連絡先を交換するに至りました。

そこからはそのアプリではなく、交換した連絡先を用いてやりとりしていたのですが、やはりここでも気が合うなと思い、知り合ってしばらくした後に思い切ってデートに誘ってみることにしました。最初は断られるかなと半分ダメ元でお誘いしてみたのですが、思いのほか快くデートのお誘いに乗ってくれ、とうとう電話越しでしか知らなかった人と会えることになりました。

初のデートの場所は池袋で、夕方から一緒に食事をとることになりました。お互いに魚介類が好きだという話をしていたので、お魚が美味しいというお店に行くことにし、そこでも会話に花を咲かせることができました。

この時点で私は「あ、この人いいな」と思うようになり、是非お付き合いできたらいいなと思い始めました。その日は食事を終えた後に少し周りを散歩して解散し、近いうちまた会いましょうと約束して別れました。

このデート以降は文面でのやり取り以外にも電話も頻繁にするようになり、これまで以上に色々なことをお話しできるようになりました。その後に何度かデートを重ね、4回目のデートの別れ際に告白したところ、無事に良いお返事をもらえ、無事お付き合いするに至りました。

きっかけは誰に電話がかかるかわからないようなアプリでしたが、それでもここまで気があう人に巡り会えたのは運命なのではと感じます。思い切って全く知らない人と関わりを持つことだできることをすることは、新しい出会いと巡りあうためにとても有効な手段なのではないかと思います。

日常生活
いつもと違うランニング

私の趣味はランニングだ。毎日夕方、ランニングすることを日課としている。今日は、松山城と道後温泉周辺を …

日常生活
意外にも優しかったので感動しました

東京で一人暮らしを始めて早2年なのですが、仕事もそこそこ順調で憧れの東京ライフを満喫中でした。 そん …

日常生活
わがままな朝の30分間は目覚ましとのバトル

目覚ましがなったので、手を伸ばして止めました。 「あと、5分」そう口にしてからの30分間に私と各目覚 …