最近はまっている塩パン、シンプルな美味しさにビックリ

「塩パン」って、いつ頃からあるのでしょうか?先日、久しぶりにお気に入りのパン屋さんに行きました。以前は近所にあったので頻繁に通っていたのですが、1年前にパン屋さんが引っ越しをしてしまったので、滅多に行かなくなったのです。丁度お昼時だったので、駐車場も車で満杯。やっとの思いで車を止めて店内に入ろうとした時に、すれちがった人が「ここの塩パンが一番美味しいと思う」と言うのが耳に入りました。

塩パン・・・見かけた事はありますが、購入した事も食べた事もありません。店内に入ると、入り口にありました。塩パン。

そのお店の塩パンは、アンパンみたいな形で、てっぺんに塩らしいものが降ってあります。とってもシンプルな形です。値段も他のパンと比べてもリーズナブルなので、2個買ってみました。家に帰って主人と食べてみると、確かに美味しくてビックリしました。中は結構空洞で、やわらかい食感にバターと塩だけの優しい味です。

その後、他のパン屋さんでも気を付けて探すと、名前も形も少し違いますが、あります「塩パン」。すっかりポピュラーなパンなのだと分かりました。あちこちのパン屋さんに行くのが、最近の私のマイブームです。