給湯機交換の相場から考える費用

あまり気に留めないのが給湯機かもしれませんが、ある時に故障してしまうと困ったことになります。故障して初めて数十年も使い続けていることに気がつくことは少なくありませんし、修理してももう先は長くないのではないかという気持ちにもなることでしょう。業者が給湯機を交換した方がよいという提案をしてくることは少なくなく、古い機種というのはガスの費用が多くかかることも少なくないからです。

とはいえ気になるのは給湯機というのはいったいいくらくらいかかるのかということであり検討もつかないような状況かもしれません。給湯器交換の相場というのは商品そして取り付けの業者によって変わりますのでその相場は幅が広いものとなっています。特に最近人気の省エネの高性能な給湯器は毎月のガス代の節約になるとはいえ、本体価格は高めとなっています。給湯能力や暖房機能、また追い焚きができるのかどうかによっても変わってきますし、もちろんメーカによる違いもあります。

だいたい工事費は3万から5万円ほどが相場と言われていますので、それプラス本体の価格ということになります。その価格は17万円くらいから40万円以上と開きがあり、多くの業者はその本体価格からかなりの割引をしてくれて6割引きとか7割引きをするような業者もあることでしょう。結果として本体価格は5万から25万円ほどで購入でき、それプラス工事費ということになります。

給湯器交換の相場や価格、費用に関する詳細はこちらの記事が参考になります。