この本に出会ったのは自分の体調のことからだったかもはしれないです

この本に出会ったのは、はやり自分の体調のことからだったかもはしれないです。3人子供を産んでからは子育てを頑張ってきて、外にパートにも出てみることで体調の方としても気を使わないといけない時代に突入したということがありました。

しかし、疑問にも思ったことは「自分の体調ばかりを優先することで子供たちも病気になってしまうことも多いのだなあ」ということを体験されたお母様方は多いのではないかと思います。そうなってくるとやはり子供さん優先やご主人優先の家庭が出来上がってしまいがちになります。

また、反対に自分の体調が悪いことで暗い家庭も出来上がってしまうことも・・。

この本を目にした時には「なんだ、ビタミンだけで病気にもかからず強い健康な体になれるのだ」と改めて栄養を考えて野菜などを食べるようになってきましたが、自分に欠けている栄養を中心にすると子供たちが学校を休んでしまうようになったことなどもあって恥ずかしい限りではありますが、「うまくいかないものだ」と・・。

ということで、そのビタミンの本はいまでは胡蝶蘭の花びらを押し花にして保管していますが、絶対的にいろいろなビタミン類がガンを予防したり、生活習慣病などにも対処しまうので、持っているだけでもこころ強い本だというのは間違いないということです。しかも、「朝さわやかに目覚めたい人のビタミンは」「運動不足気味の人のビタミンは」とかなり具体的に書いて」ありますのでとてもおすすめです。