どんな状況でも家で寝たい

どんな状況でも家で寝たいと、常日頃から思っています。ですかからバスや車での長距離移動に際しても、「寝てていいよ」と言われたところで、「いや、ここでは寝たくない」というのが本音なのですよね。

 

そりゃあ私だって目を閉じれば寝てしまいますよ。だってやっぱりバスに揺られていますと睡魔に襲われたりしますので。けれども車の中で寝てしまいますと、目覚めが最悪じゃないですか。

 

当たり前ですがベッドで寝て起きるのとでは違いますから、起きると体が痛いわけです。眠らずにずっと座っているだけでしたら、ここまでの不快感はないわけですが、しかし車の中で寝て起きてをしてしまいますと、確実に不快感に私の場合は襲われてしまうというわけです。

 

そしてだからこそ、寝るなら家のベッドがいいんですよ。ちなみにホテルのベッドでも同じようなことを思います。やっぱり慣れ親しんで家のベッドじゃないと、違和感を感じてしまってなんだか安眠ができないのですよね。ですからあまり眠れなかったりするのです。そしてキャンプのテントにしましても同じことを思いますよ。とにかくもう家の私のベッドで寝たいのです。

日常生活
いつもと違うランニング

私の趣味はランニングだ。毎日夕方、ランニングすることを日課としている。今日は、松山城と道後温泉周辺を …

日常生活
意外にも優しかったので感動しました

東京で一人暮らしを始めて早2年なのですが、仕事もそこそこ順調で憧れの東京ライフを満喫中でした。 そん …

日常生活
わがままな朝の30分間は目覚ましとのバトル

目覚ましがなったので、手を伸ばして止めました。 「あと、5分」そう口にしてからの30分間に私と各目覚 …