家族としてのペットの最後をきちんと彩ってあげましょう

今やペットは家族。その認識が随分、浸透してきたと思います。

下手をすればリタイア後の高齢の夫婦のお宅では子供よりもペットとの方が親密だと言うご家庭も少なくないほど、常に飼い主のそばにいて癒しを与えてくれる家族というペットの存在。

そのペットの寿命も延びて、今はペット保険の加入者も増える、介護もする。まさに家にいる人間と同じ扱いを受ける動物たちです。

その長らく付き合ってきたペットの最後を看取り送り出すのがペット葬儀。昔のように特に都心部の東京や大阪ではその需要も多いです。

特に土地のない家にお住まいの方にとって、賃貸物件で動物を飼われていてなくなった後、どこに埋めるかは結構難儀するものです。公園と言っても大型犬などの場合、埋めていいものか。しかし、悲しいかな生き物ですので腐敗もする。捨てるわけにも行かない。そんな場合にペット葬儀は救いの手になると思います。悲しい話ですが、最後に綺麗に天国へと送ってあげるのも飼い主の役目かと。土に埋めて自分たちで弔うのもいいですが、火葬してきちんとお墓をつくりお線香を上げてあげる。仏壇でときちんと区切りをつけてあげるのも、最愛のペットを失った後のペットロスを癒す大きな切欠、節目になります。大事な家族、きちんと後々も弔ってあげたいならそれ専用のペット葬儀を頼むのは後から見て良かったと思えることも多いと思います。彼らの残してくれた思い出をいい形で、葬儀社があなたと一緒に弔いの場を設けて送ってくれる。

ちゃんと送り出した。それが最愛のペットをなくされた方の癒しになる場合もあります。

ペット火葬 大阪などの都心部は人のお墓もなかなか持てない場所です。どこともしれない場所に人目を避けて埋めるのもかわいそう。ちゃんと火葬して遺骨を持って、自分と同じお墓に埋葬できる形にしませんか?それまで遺骨を部屋において置ける、キューブ型の遺骨つぼ?もあるようでそれらをそばに置くのは、いなくなったペットがそばにいてくれるようにも感じられます。

人も生前に死んだ時のことを考えて下見をしておくと言います。もし、ペットを買われている方で、一度もそういうのを見たことがないという方はぜひ一度お調べください。

最愛のペットのことです。ぜひ、頭の隅に、彼らの最後をきちんと見とれるプランを作って置いてください。

飼い主の責任だと思います。

様々なサービスに関して
フリーターが不安になってきたので就職サイトをチェックしています

大学を卒業して就職したIT関係の会社で頑張っていましたが結局やめてしまいました。 就職氷河期真っただ …

様々なサービスに関して
長年一緒にいるステキな夫婦

先週末に友達の家に遊びに行った時に、ステキな夫婦が来ていたから、一緒に色々と話をして楽しかったな。結 …

様々なサービスに関して
出会いと最近の方法の効率性

異性との出会いで大事になるのはチャンスです。このチャンスがないと良い出会いにならないので注意が必要で …